看護師 資格

看護師免許は国家資格です

国家資格はやはり強い

看護師免許は国家資格であるため、非常に強い資格であると言えます。エリアを選びませんし、一生涯体が問題なければ仕事ができる資格です。現状の看護師不足の中では、70歳を越えても看護師として勤務している方もいます。
エリア限定の資格というものは少ないので、どの資格であっても日本全国で利用できるものですが、国家資格と民間の資格で大きく違う点は、エリアによっての認識の違いというものがないことです。看護師免許を持っていれば看護師として勤務ができる、これはエリアによって異なった認識をされることはない部分です。

看護師免許はブランクにも強い

看護師は女性が多いということから、一旦家庭に入った上で数年のブランクを経てまた看護師に復帰する方も多いです。一般であると、やはり仕事をしていな期間が長くなったり、年齢がたかくなったりすると、採用されにくくなりますが、看護師であれば比較的容易に採用されるケースも多くなっています。やはり国家資格は強い、とこういったことからも言えます。とはいえ、医療技術や医療機器は数年で見直される傾向にありますので、ブランクが10年以上になってくると、勤務先が限られてくることも考えられます。子供が大きくなってから正社員で働きたいという希望があるのでしたら、子供が小さいうちは扶養範囲内で勤務するなど、無理せずにブランクもあまりあけないように勤務をしていくことが大切ですね。

ホーム RSS購読 サイトマップ