新人看護師 転職 メリット

新人・新卒看護師が転職するメリット

働いてみて、はじめて気づくことがある…

新人・新卒看護師に限らず、どんな職種・職場にでも、「働いてみて初めて見えてくるもの」があるはずです。「自分には適性があると思って希望していた診療科だったけれど、毎日の仕事となるとちょっと違ってたみたい…」「単科病院に就職したけれど、総合病院の方がよかったのかもしれない」「病院見学の時には気がつかなかったけれど、スタッフの雰囲気が自分には合わない」…等、見えてくるものや悩みの種は人それぞれ。ある程度経験を積んでいると、「ここの職場はもうこれくらいで…」と見切りをつけるのも早くなるものですが、新人・新卒となれば話は別。単にリアリティショックを受けているだけで、仕事に慣れるまでは仕方がないことなのか。又は今感じている違和感は、時間が解決する種類のものではないのか。この見極めをするのが非常に難しく、ギリギリ限界まで悩んでしまう新人・新卒看護師が多数いるのが現実です。

 

再スタートは早い方がいい!傷が深くなる前の決断がポイント

職場の雰囲気や仕事の内容に違和感を感じながら仕事をするのは、本当に辛いことです。しかも看護師は人の命を預かる仕事、ぼんやりとしていたら自分だけではなく、患者さんやスタッフ達に多大な迷惑をかけてしまいます。職場の信用できる先輩や師長さんに相談するのも一つの手ですが、新人がいくら辞めたいと言っても時間が解決する問題と受け取られて、真剣に向き合ってもらえないこともよくあります。そんな時は、友達でも先輩でもない、「話を聞く専門家」に相談するのが一番です。せっかく苦労して看護師になったのですから、自分にピッタリくる職場で笑って働かないと損ですよ(笑)辛すぎて看護師自体を辞めたい…というところに来る前に、転職コンサルタントに相談してみましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ