新人看護師、3年目での転職を考える

看護師3年目での転職は?

まだまだ未熟

看護師も3年目ともなれば、仕事にも慣れ、職場に対して、様々な不満などを抱き、転職などを考えることが多い時期とも言われています。
どんどんと後輩の看護師も入ってくるため、通常の仕事に加えて、後輩の指導をするといったプリセプター役などを任されるケースも多くなってくることでしょう。

 

任される仕事量に比べ、待遇面はさほどに変わらないともなれば、それが不満になることは当然です。
しかしながら、一般的には3年を経過して初めて即戦力としてみなされることが多いため、まだまだ未熟とされるキャリアでもあることは忘れないようにしましょう。

 

3年以上もしくは5年以上

一般的に看護師の3年目は、まだまだ医療業界では、新人扱いをされることが多いです。
診療科やその種類の看護師をしていたのかによっても違いはあるものの、転職エージェントなどを利用しない限りは、なかなかに転職も難しいキャリアなのです。

 

一般的に即戦力であり、ある程度の業務を任せられると思われるキャリアは、3年以上、もしくは5年以上とされています。
ですから、まだ実務経験が2年間しかない3年目の看護師の場合には、もうちょっと我慢をしてキャリアを積み市場価値が上がる4年目で転職をするか、転職エージェントを利用することがオススメです。

ホーム RSS購読 サイトマップ